Top Menu

光トランシーバーのビットレートが100Gbsから増加するにつれて、そのの複雑さも増えました (DSPベースの信号調整とクロックリカバリから始まり、プラガブルコヒーレントトランシーバー、PAM-4、CMISにいるまで)。この新しいレベルの複雑さにより、プラガブル光トランシーバーの開発、デバッグ、および検証に対して、従来とは非常に異なるアプローチをとる必要がありました。具体的には、トランシーバー(client 或いは coherent) 開発、デバッグ、検証の3つの主要なドメインに対処する必要があります。

  • 高速電気インターフェイス – 高速SERDES
  • 光学インターフェイス – レーザー、フォトダイオード
  • トランシーバー管理 – I2C インタフェースの制御

歴史的に、これらの各領域は、ある程度分離された方法でデバッグおよび検証されていました。シグナルインテグリティ(SI)およびH / Wチームは高速電気ホストインターフェイスを担当し、フォトニックエンジニアは光信号系を担当し、S / Wチームはモジュールマイクロコントローラーを開発およびデバッグを担当します。このアプローチは100Gまでうまく機能しました。

しかし、PAM-4 ホストインターフェイス採用及びDSP (PAM4-DSP 或いはcoherent-DSP) 搭載に伴う複雑さの増加より、それらを採用するするプラガブルトランシーバーは、これらすべてのドメインにおいて緊密に調整された課題として開発、デバッグ、および検証する必要があります。

この中心にあるのは、DSP ベースの信号調節とファームウェアです。これは、光信号(TOSA/ROSA 或いは変調/復調)とホストインターフェイスの動作に影響を与えます – トランシーバーが信号損失に対してどのように応答するかからホストの電気インターフェイスがどのように等化されているかまで、すべてDSPに密接に結合されています。
その結果、400Gクラスのプラガブルトランシーバーを的確にデバッグするには、完全なアプローチが必要となります。単体I2CバスデバッガーとベンチトップBERTは、400Gの世界に適したツールではありません。

電気的インターフェイス(フレーム付きおよびフレームなしをサポートするインテリジェントBERT)は、トランシーバー管理CMISツールと緊密に結合する必要があります。更に、それらは、光信号ドメインイベントとOSNRや偏波スクランブリングなどの不具合を調整する必要があります。

VIAVIは、10年以上にわたってプラガブルトランシーバーテストと測定の最先端にあり、ONT 800GおよびMAP製品ラインは、400G或いはそれ以上に対応した統合マルチドメインモジュールT&Mツールを提供します。ONT 800G が提供するTraCol (トランシーバーコントロール)アプリケーションは、完全なホスト電気インターフェイスとアプリケーションオーケストレーションと組み合わせて、ミリ秒単位でのモジュールの管理と制御を実現します。また、光信号の不具合との緊密な結合をサポートして、すべてのドメインで完全な制御と可視性を提供できます。

結論: 一昔前の基本ツールを使用して複雑なDSPベースの光トランシーバーをデバッグしようとしないでください。100Gを超える世界ではいくらビットエラーをカウントしても、役に立ちません。洞察と賢明なアプリケーションを備えたVIAVI ONT光ネットワークテスターのよる統合アプローチは、高信頼/高品質トランシーバーの市場投入を加速します。

お問い合わせは、今すぐVIAVIの担当者にcontact.

About The Author

Paul Brooks currently leads the strategy for the VIAVI Lab and Production business unit. After a career in the Royal Navy as a weapons officer he spent time in a variety of roles with the communications test and measurement industry with a particular interest in enabling the high-speed Ethernet ecosystem. He holds a PhD in opto-electronics from the University of Southampton and lives in Southern Germany.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

VIAVI Perspectives
Close