Top Menu

ケーブル信号漏れ検出における信号タグとその使用

ケーブル信号漏れ技術は過去 30 年以上使用されており、ネットワークから漏れる CATV 信号検出の基礎となる概念には変化はないものの、これを達成するためのテクノロジーは大きく変化してきました。最初の商用システムが発売されて間もなく、信号の検出、そして特定のネットワーク事業者システムから出ている信号の識別を改善するために、ベンダーは「タグ」(一意な RF 信号)をシステムに追加し始めました。これらのタグが経時的に進化して、今日では単なるシステムの識別だけでなく、システム全体の感度と確度が大きく向上しています。

ケーブル信号漏れタグの歴史

信号漏れ対処機能を改善するためにタグを使用する方法は、時と共に大きく変化してきました。以下に、それらの変化を分類別に示します:

タグの種類:

  • 最も初期のシステムではタグは全く使用されておらず、フィールドでエンジニアが認識できるように震音を既存のアナログ信号上に変調していました。
  • 場合によっては、25dB レンジを通してステップアッテネータにより FM 音を AM 変調することで、聞き取れるステップ数に基づいて信号強度の可聴表示を行なっていました。
  • 初期タグの幾つかは、単に AM または FM 変調されたキャリアを下り回線ケーブルに組み込んだものでした。
  • そして最終的に、相互のオフセットが分かっている複数 CW キャリアが使用されるようになりました。これが最近まで 10 年以上に亘る状況でした。
  • 最新のブレークスルーは、デジタルチャープタグの導入です。従来方式のデュアル CW タグでは、数百万のサンプル収集過程で、時折ランダムな空中からの干渉によりタグのシグネチャーが複製され、誤検知が発生することがあります。RADAR 概念に基づくデジタルチャープタグは、自然発生することは不可能であるため、誤検知の可能性はほぼ皆無です。チャープタグの伝送特性により、感度も顕著に向上し、従来方式に比べ、より遠距離でのより微小な漏れをも検知できるようになりました。

タグ数:

  • 2010 年代早期までは単一タグが標準でした。
  • 既存の VHF (主として航空無線)帯域に加えて UHF の監視をするためにほとんどのベンダーが第二の監視周波数とタグを追加しました。
  • 下り回線ケーブルが 500、750、860、1000、そして最終的に 1220MHz まで拡張されるにつれて、タグが追加され、現在、最先端システムで使用されている 4 タグに至りました。

タグ周波数の俊敏性

  • 早期のシステムはハードウェア上で単一周波数に固定されていました。
  • 後のシステムは、狭帯域 (<5MHz) 内で調整が可能になりました。
  • 今日のリーディングシステムは、完全な周波数アジリティを提供し、タグは 130~1220MHz のどこに置くことも可能で、最適チャンネルラインナップ定義の完全な柔軟性をもたらします。

タグレスオプションの出現

DOCSIS 3.1 による最大 192MHz 帯域幅キャリアの出現により、信号タグが使用されていた場所に大きな盲点が発生するようになりました。これに対処するために、ベンダーは、プラントから漏れ出る OFDM キャリア自体を検知してこれらの盲点を最小化する方法を取り入れました。タグレス方法を使用すると感度と識別の面で性能が落ちますが、完全なスペクトラムカバレッジ用に、タグと併用するのに良好なオプションです。

他の漏れ検出方法には、フィールドに伝送する前に RF フィードをサンプルして、フィールド検出器でシグネチャーの一致を探すというものがあります。この方法は、これを使用したシステムのセットアップおよび操作の複雑さのために、採用が限られています。ヘッドエンド、トラック、フィールドレシーバー間のリンクが常に一定して同期している必要があり、さもなければ CLI プログラムが完全に停止するリスクがあります。

まとめ

世界中のケーブル事業者は、プラント全体を強化する中での信号漏れ対処システムの価値を益々認識しつつあり、上記の革新的なタグ方法の採用、タグ数の増加、および最終的なタグレス方法の併用により、このトレンドは加速することになります。今日の信号漏れ技術に関する他のブレークスルーの詳細または信号漏れ全般の基礎については、 こちらのサイトをご覧ください。.

 

VIAVI ケーブル信号漏れの詳細

このブログシリーズの続きを見るには、VIAVI または LinkedIn をフォローしてください

About The Author

アバター

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
Close