Top Menu

なぜ今、信号漏れが注目されるのか?

イングレスは CATV プラント出現以来、ケーブル通信業者の最大の頭痛の種でしたが、双方向サービスの登場により更に悪化しました。数十年に及ぶ革新にもかかわらず、この問題に完全に対応する特効薬は未だ見い出されていません。

なぜイングレスはそれほど難題なのか:

  • 上流のイングレスは累積的 (漏斗効果) – 多くの小さいイングレス源は付加的です。典型的なツリー アンド ブランチ アーキテクチャの多数のブランチが合流して共通の幹に結合され、その結果、はるかに大きな最終エフェクトが生まれます。ただ 1 箇所のシールドの弱点でも、ノイズ源の近くであればノード全体を通信不能にしかねません。そのうえ、サービスに影響を及ぼしている特定の上流イングレスがどこからプラントに進入しているかをリモートで特定することも不可能です。
  • イングレスは断続的なことが多い – イングレスの問題を何時間も追跡している最中に突然消滅したときほど苛立たしいことはありません。ノイス源が進入していた主なシールド弱点を修正したからか、ノイズ源がなくなったからか(街灯のスイッチが切られたのか、誰かがエクササイズマシンのワークアウトを終了したのか…)? ノイズ源のスイッチがオンになるたびに、それが消える前にどこからノイズ源がプラントに進入しているかを見つける手順を繰り返さなければなりません。

経験を積んだエンジニアは問題を切り分け克服する方法にかなり熟達していますが、このような一般的なフィールド実践方法は顧客の不満を買うことが多く、イングレス問題と同時に顧客を失う可能性があります。アンプハウジングを開けるとテスト中に大量のイングレスの進入が可能になり、パッドを引くことで(そうです、一部のエンジニアは実際にパッドを引いています)、プラントセグメント全体のサービスが低下する可能性があります。治療しようとしてさらに傷口が広がることがあります。おそらくこの問題を視点を変えて見る時期なのです。

なぜ信号漏れが生じるのか

ケーブル通信業者は自社のサービスに影響を及ぼす外部ノイズ源をコントロールできませんが、ノイズの進入を許しているシールドの弱点をコントロールすることはできます。そこでプラントの漏れ解決手法が強みを発揮します。迅速・効率的かつ 100% プラントサービスに影響を及ぼさない方法でプラントシールドの弱点の位置を特定することが可能です。

  • シールド弱点の精密な位置特定 – 漏斗効果なし!
  • いつでもシールドの弱点を検出 – ノイズ源の断続なし
  • トラブルシューティング中のサービスへの影響なし – 漏れはタッチレスのプロセスです

作業開始は簡単

ネットワークから OFDM が漏れている箇所のシールド弱点を検出するために、メンテナンスエンジニアに漏れメーターを携帯させることから始めます。

次にすること:

  • 漏れタガーを追加すると、スペクトル全体のどこでも小さい漏れを検出できます。
  • モバイルマウントをトラックに追加すると、エンジニアの仕事への取り組みとして連続的に漏れを検出できます。
  • 一元化した情報収集サーバーを追加して、ネットワーク全体で、まずどの漏れに対応すべきか情報を収集し、分析し、優先順位を決めます。
  • この一元化した漏れデータを PNM(Proactive network監視)、QoE(体感品質、Quality of Experience)と統合し、経路監視データを戻して、プラント完全性に関する最善の全体像を捉え、最大の投資対効果で最適なターゲットメンテナンス任務を達成します。

密封プラントでは明らかにサービスが向上します。すべての漏れ修正が即時に SNR(信号対雑音比、Signal-to-Noise Ratio)の改善やコードワードエラーの減少につながるわけではありませんが、密封プラントの利点はやがてお客様の収益と契約者の満足度の両方に反映されます。

 

VIAVI ケーブル信号漏れの詳細

このブログシリーズの続きを見るには、VIAVI または LinkedIn をフォローしてください

About The Author

アバター

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
Close