Top Menu

CLI 漏れの初期

新たな規制により、通信事業者はシステムで発生するすべての漏れについて特別の技術を用いて監視、測定、記録することが求められました。通信事業者は、その当時に保有していた機器ではこの要求を満たすことができないと直ぐに気づきました。信号レベルメーターにはわずか 10 フィートの距離でも 20uV/m を測定できるだけの感度がなく、地下階または 1 階では確認がほぼ不可能でした。20uV/m の漏れをキャプチャできるだけの感度を得るためだけにフィルターと増幅器が信号レベルメーターに別途追加されて測定ができるようにはなりましたが、システムは扱いにくいものとなり、監視には役に立ちませんでした。通信事業者が直面した 2 つ目の問題として、テスト搬送波にチャネル領域を 1 つ割り当てることにマーケティング部門が難色を示したことが挙げられます。彼らは、このチャンネルに売れるサービスを割り当てることを求めました。帯域幅に対する需要は旺盛でした。

CLI の規制が施行されるちょうど数カ月前、Searcher Plus として知られる製品が市場に投入されました。この製品は前述したテスト実施上のすべての問題を解決し、漏れ評価における貴重な資産になると思われました。この製品は 2uV/m の分解能を持つ校正済ディスプレイと、受信レベルが強くなるにつれて周波数を高くする可変発信音機能を備えており、水晶同調式の受信機でした。この機器は運転しながらの監視に利用できるよう、自動的に外部アンテナに接続する車両搭載用マウントと合わせて販売されました。通信事業者は漏れを監視するため、システムが設置されている場所まで運転し、漏れ音に耳を傾けていました。通信事業者は受信音が聞こえ始めると信号が最大になる地点まで運転し、車を止めて漏れの発生源を見つけ出す準備をしました。エンジニアは機器を車載用マウントから取り外してダイポールアンテナと全長 3m の折りたたみ式の柱に取り付け、音が聞こえなくところまでアンテナを回転させていました。大抵の場合、アンテナ素子は漏れの発生源を指し示していました。エンジニアが出向かい、漏れの発生源の真下にダイポールアンテナを(可能であれば 3m 離して)配置し、アンテナをゆっくり回してメーターが最大値を表示したままとなるようにしました。

この技法は、電力線からのマイクロギャップ放電が起こるまでは役に立ちました。この問題を解決するため、NTSC 信号内における垂直帰線区間(VBI)の存在を検出する回路が追加されました。VBI が検出されるとこの回路は漏れを知らせる音を鳴らし、その他のノイズの放射では音が鳴らないようになっていました。このポスト検出電気回路により狭帯域フィルターと相まって、受信機が非常に離れた距離にあっても著しく高い感度で測定できるようになりました。

こうした技術的進歩が比較的短い期間で立て続けにもたらされましたが、しかしこれはケーブル信号漏れ技術における技術革新の軌跡の始まりに過ぎませんでした。



VIAVI ケーブル信号漏れの詳細

このブログシリーズの続きを見るには、VIAVI または LinkedIn をフォローしてください

About The Author

アバター

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
Close